売却前のリフォームには一長一短があるのでよく考えて決めよう

マンションや一戸建てなど不動産の売却前にリフォームをしたほうが良い、という意見をよく耳にします。確かに、リフォームを加えることで買主からの第一印象が大きく変わり、そのまま契約に結びつくチャンスが増えるのは間違いありません。

 

例えば、売却前に見学に来たお客さんが壁紙が汚い、ドアが壊れている、建てつけが悪いようだと敬遠したくなるものです。もちろんリフォームといってもシステムキッチンを入れ替える、浴室そのものを大掛かりにリフォームするといった必要はありません。あくまでも見学に来た人が「綺麗にしてある」と感じる程度で十分です。

 

そのため、不動産の売却前のリフォームはクロスの張りかえ、ドアの修理、和室の場合は畳の修繕程度で十分効果的です。しかし、必ずしもリフォームをしたからといって高く売れるとは限りません。少しでも高く売ろうと思ったらリガイド不動産一括査定などのサービスを利用するのが有効ですが、それでも納得いかない場合はリフォームをするのが一般的です。

 

しかし、売り主がリフォーム代を負担しなくてはならず、結果的にあまり利益にならなかったり、場合によっては逆効果になってしまうことも。また、せっかくリフォームしたのに買主が購入後にすぐリフォームするケースも珍しくないため意味のないただお金を失うだけ、ということにもなりかねません。売却額にリフォーム代を含めてしまうと少しでも安く購入したい買主からすると似た条件でもっと安い不動産を選ぶことになってしまいます。

 

売却前のリフォームについてはプロである不動産会社に相談するのが一番です。今の状況を見てもらってリフォームが必要なのか、掃除するだけで十分なのかなど疑問に思うことは何でも質問してみましょう。

リガイド不動産一括査定

今すぐリガイド不動産一括査定を利用してみる

リガイド不動産一括査定公式ホームページへ