不動産会社に買取してもらうと売却までの時間が短くなる

マンションをはじめとした不動産には「買取」と「売却」の2つがあります。どちらも不動産を手放すことに変わりはありませんが、内容は大きく異なるのできちんと確認しておくべきです。

 

売却

売却は不動産会社を仲介として一般の方に不動産を売ることになります。基本的に不動産会社が間を取り持ってくれるため購入希望の方と直接やりとりをすることはほとんどありません。メリットとしては、場合によっては相場以上の価格で売却することができることが挙げられます。
しかし、いくつかのデメリットも存在しており、例えば買い手がなかなか見つからないといつまでも売却できない、すぐに確実に売りたい方にとってはあまり適していません。一般的に言われている目安として3ヶ月から6ヶ月程度、長い場合だと1年以上期間がかかることも珍しくありません。

 

買取

不動産の買取は不動産会社にマンションなどの不動産を買い取ってもらって、その物件は不動産会社のものになることを言います。最大のメリットは何と言ってもスピーディーに、そして確実に売れることです。
売却の場合だと購入希望者が見つかるまでは手続きを進められませんが、買取なら不動産会社に買取してもらってあとは関与することはなくなるので楽です。資金のためにできるだけ早めに売りたい、海外への転勤など環境が変わるにあたってできるだけ早く入りたいといった場合に便利です。いくつかの不動産会社は手数料がかかる場合がありますが、これは売却も同じです。

 

リガイド不動産一括査定を使う

もしも不動産会社に買取をして欲しいという方はリガイド不動産一括査定を利用することをおすすめします。こちらは200社以上を登録しているネット上で簡単に複数の不動産会社から見積もり査定を受けられるサービスです。1度の情報入力で、しかも時間は2、3分もあれば十分。すぐに結果が分かるので忙しい方にもおすすめです。

リガイド不動産一括査定

今すぐリガイド不動産一括査定を利用してみる

リガイド不動産一括査定公式ホームページへ