類似物件などを参考にして相場を決めてオーナーの意向によって価格が上下する

一戸建てやマンションなどの不動産を不動産会社に依頼して売却する場合、まずは相談にのっとって売却価格を設定していきます。ではどのようにして相場を決めているのでしょうか。

 

まず、相場を決めるためには不動産会社が査定を行います。ほとんどの会社は短期間で買い手が見付かる価格を割り出すためにある程度の相場を事前に用意しています。例えば、よく似た建物はどれくらいの価格で販売されているのか、近くにどのようなお店がありアクセスに便利かなど最近の取引事例を探した上でこれらを基に売却価格を設定します。

 

そのためまずは物件の調査、そして建物だけでなく敷地や周辺の状況などを細かく調べた上で査定するのが一般的です。しかし不動産会社によって査定や売却価格に違いが出てきます。その大きな理由として評価の仕方が不動産会社によって全く違う場合があるからです。同じ条件だからといって必ずしも同じ査定結果になるとは言えません。つまり、できるだけ多くの不動産会社に査定をしてもらってその中で最も売却価格が高いところを選んだほうが売却額アップにつながります。

 

本格的に各不動産会社から査定を受ける前にある程度の相場を知りたい、売却価格の目安を知りたい方はリガイド不動産一括査定をはじめとしたインターネット上で利用できるスピード査定を利用してみましょう。現地調査を省いて受け取った情報の中から査定を進めていきます。そのため実際の査定額とは異なる場合も多々ありますが、これである程度の相場が分かるだけでなく、各不動産会社の比較にも役立ちます。

 

不動産の売却を考えている方はまずはリガイド不動産一括査定を利用してみてはいかがでしょうか。完全無料で一度情報を入力すれば条件に合った不動産会社から査定見積もりのメールがすぐに届きます。

リガイド不動産一括査定

今すぐリガイド不動産一括査定を利用してみる

リガイド不動産一括査定公式ホームページへ